ここから本文です

三戸なつめ 自身そっくりの等身大フィギュアにビックリ

リアルライブ 9月17日(土)14時27分配信

 モデルで歌手の三戸なつめが16日、都内で行われた「ららぽーと・ラゾーナ ハロウィン」プレス発表会に出席した。

 会場では、今回のイベントの目玉ともなっている、3Dプリンタを使用した、三戸をリアルに再現した等身大フィギュア「3戸なつめ」が、本人の前で初お披露目され、三戸は自身にそっくりなフィギュア3体をみて、「すごーい!」と絶叫。「すごいリアル。リアルすぎてビックリです」と感想を語った。

 3体のフィギュアの衣装は三戸が考案したということで、感想を求められると、「全部好きだけど、真ん中の子が好きかな」と王子様風デザインの衣装を着ているフィギュアを推した。

 ハロウィンについての思い出を聞かれると、去年カッパの仮装をしたと明かし、「全身タイツに特殊メイクをして。リアルなカッパでした」と回想した。今年も奇抜な仮装を考え中とのことだったが、前回のカッパのインパクトが強すぎたようで、「今年はまだ何にするか悩んでいます。カッパは超えられないかもしれない」と話した。

 「ららぽーと・ラゾーナ ハロウィン」は原宿カルチャーに焦点をあてたハロウィンイベントで、三戸の所属事務所でもある「ASOBISYSTEM」と商業施設のコラボレーション企画となる。発表会には他に、ゆうたろう、増田セバスチャンが出席した。(雅楽次郎)

最終更新:9月17日(土)14時27分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。