ここから本文です

八重山地方、猛烈な暴風雨の恐れ 台風16号、17日昼前に最接近

琉球新報 9/17(土) 1:03配信

 非常に強い台風16号は16日午後10時には沖縄県与那国島の南約260キロにあり、勢力を強めながら時速20キロで北北西に進んでいる。沖縄気象台によると、17日昼前に八重山地方に最接近する。
 16日午後10時現在、八重山地方に暴風・高潮・波浪警報が発表されている。沖縄気象台は「八重山地方では昨年の台風21号(与那国島で最大瞬間風速81・1メートルを観測)に匹敵する被害が出る恐れがある」と、厳重な警戒を呼び掛けている。台風16号の中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。八重山地方では、17日朝から1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る恐れがある。大潮と台風接近が重なるため潮位が高まる。

琉球新報社

最終更新:9/17(土) 1:03

琉球新報