ここから本文です

金本監督 勝負弱すぎ打線に苦言「反省材料が多すぎて…」

スポニチアネックス 9月17日(土)5時34分配信

 ◇セ・リーグ 阪神2-1DeNA(2016年9月16日 甲子園)

 阪神の金本監督は1点差を守りきった試合を「投手陣の頑張りで勝った」と振り返った上で、「攻撃においては反省材料が多すぎて…。いろいろ考えないといけない。僕も、選手もね」と自らの采配を含む攻撃面を反省。勝負弱い打線に、苦言を呈することも忘れなかった。

 好機にあと一本が出なかった。4回1死二塁、5回1死二、三塁、6回無死二塁、7回1死一、三塁と4イニング続けて1死以内で得点圏に走者を進めながら決定打を欠いた。

 「そこが本当ずっと言っているように、ここ何年かのチームとしての課題。何とかグシャッとゴロを転がして1点とか、そういう打撃ができるように。食らいつく姿勢というか。何が何でも、ここは自分が何とかするというね」。課題克服へ、打線に奮起を促した。(惟任 貴信)

最終更新:9月17日(土)5時35分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]