ここから本文です

堺・百舌鳥八幡宮秋祭り 巨大なふとん太鼓練り歩く

THE PAGE 9/17(土) 11:56配信

「月見祭」とも呼ばれている

堺・百舌鳥八幡宮秋祭り 巨大なふとん太鼓練り歩く 撮影・編集:柳曽文隆 THEPAGE大阪

 大阪府堺市の百舌鳥八幡宮で17日、秋祭りが行われ、各町の布団太鼓が練り歩くなど、朝から多くの人でにぎわいをみせている。

【写真特集】重さ約3トン、高さ4メートルのふとん太鼓を担ぎあげる男たち 堺・百舌鳥八幡宮秋祭り

高さ約4メートル、重さ約3トンのふとん太鼓

 この祭りは、中秋の名月に当たる旧暦8月15日にかけて行われるため「月見祭」とも呼ばれており、稲の成熟期を迎え豊作を祈るため、そして八幡宮に伝わる放生会と満月を祝う風習から行われているという。

 そして、同日には300年以上の歴史を誇る、ふとん太鼓奉納行事も行われ、各町のふとん太鼓が威勢のいい掛け声とともに練り歩く。聞けば、高さは約4メートル、重さ約3トンという大きさで、約70人ほどで担ぐという大きさだという。

 同日午前には、ふとん太鼓宮入が行われ、あす18日にはふとん太鼓宮出、放生祭(稚児行列)が行われる。
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.554211099999996&lon=135.49471080000004&z=17

最終更新:9/17(土) 12:05

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。