ここから本文です

カンタス航空、成田-メルボルン12月開設 ジェットスター便は休止に

Aviation Wire 9/17(土) 18:40配信

 カンタス航空(QFA/QF)は、メルボルン-成田線を12月16日に開設する。一方、現在同路線を運航するグループのLCC、ジェットスター航空(JST/JQ)は2017年2月25日を最後に同路線を運休する。

 新路線は1日1往復で、機材はエアバスA330-300型機の新仕様機。座席数は2クラス297席(ビジネス28席、エコノミー269席)で、ビジネスクラスは離陸から着陸までリクライニングできる、1席-2席-1席配列のフルフラットシートを導入している。

 運航スケジュールは、成田行きQF79便はメルボルンを午前9時15分に出発して、午後5時30分に成田着。メルボルン行きQF80便は成田を午後7時に出発し、メルボルンには翌日午前7時30分に到着する。12月16日から運航を開始するが、12月24日と25日、31日は運休する。

 カンタスは、2015年8月1日から羽田空港へ就航。従来成田発着だったシドニー線を羽田へ移し、同日からブリスベン-成田線を開設した。今回のメルボルン線就航により、カンタスの日本路線は3路線となる。シドニー-羽田線とブリスベン-成田線を予約している利用者は、希望に応じてメルボルン-成田線に変更できる。

 カンタスによると、同社の決算期である2016年6月期(15年7月から16年6月)の日本から豪州への渡航者数は前年より17%増加。渡航者の現地での消費額は15億豪ドル(約1150億円)で、前年比で14%増えたという。また、豪州からの訪日者数も前年比24%増と、大幅に増えている。

 現在メルボルン-成田線はカンタスが出資するLCC、ジェットスター航空がボーイング787-8型機(335席:ビジネス21席、エコノミー314席)で週4往復(運航日:月水金土)運航。2017年2月25日が運航最終日となる予定で、26日以降の航空券を予約している利用者には、カンタスの新路線への振替に応じる。

 一方、このほかにジェットスターが運航する成田発着路線のゴールドコースト線とケアンズ線は、引き続き運航する。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/17(土) 18:40

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。