ここから本文です

ONE PIECEもDBもヒロアカも!1000冊以上が無料になるジャンプ+フェス

コミックナタリー 9/17(土) 0:00配信

少年ジャンプ+が9月22日に創刊2周年を迎える。これを記念し9月19日から25日までの計7日間、週刊少年ジャンプ(集英社)やジャンプ+のタイトルを無料で公開する「ジャンプ+フェス2016」が行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ジャンプ+フェス2016」では鳥山明「DRAGON BALL」や岸本斉史「NARUTO-ナルト-」など過去の少年ジャンプ作品から、尾田栄一郎「ONE PIECE」、堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」、ウェルザード原作による村瀬克俊「カラダ探し」など少年ジャンプ、ジャンプ+連載中のタイトルまで、計77作1000冊以上を無料で公開。フェスの名を冠しているとおり、「RED STAGE」「BLUE STAGE」「YELLOW STAGE」「GREEN STAGE」と音楽イベントさながらのステージ分けがなされており、ステージごとに各日4時間区切りで新しい作品が公開されていく。なお冨樫義博「幽☆遊☆白書」や、大場つぐみ原作による小畑健「バクマン。」、長谷見沙貴脚本による矢吹健太朗「ToLOVEる-とらぶる-」をはじめとした一部のタイトルは、全巻が無料で公開される。

このほかフェス期間中にTwitterでハッシュタグ「#ジャンプラスフェス」をつけて作品の感想をツイートすると、抽選で200名にオリジナルのTシャツが当たるキャンペーンも実施。また9月22日にはジャンプ作家や編集者が多数出演するニコニコ生放送の番組が、9月25日にはフェスの後夜祭が開催される。それぞれの詳細は ジャンプ+フェス2016の公式サイトにて後日発表される予定だ。

最終更新:9/17(土) 0:00

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]