ここから本文です

岸和田だんじり祭はじまる 掛け声とともに勇壮と駆け抜ける

THE PAGE 9月17日(土)15時7分配信

岸和田だんじり祭はじまる 掛け声とともに勇壮と駆け抜け 撮影・編集:柳曽文隆

 大阪・泉州の秋の風物詩「岸和田だんじり祭」が17日、宵宮を迎え、朝から街中を各町のだんじりが颯爽と駆け抜けた。18日には本宮を迎える。

【写真特集】岸和田だんじり祭り 2016

 「そーりゃそーりゃ」の掛け声と、「ドンドドン」という太鼓の音が響き渡る中、法被に鉢巻き姿の男たちが綱を手に一気に走りぬける。同時に朝から多くの見物人も訪れ、やり回しなどをじっくりと見守っている。

 和泉市から家族で来たという40代の男性は「私も1年待っていましたが、曳き手など、だんじり関係者の皆さんはずっと待ち遠しかったと思う。そんな宵宮をじっくり見守りたいと思います」などと話していた。

 また、堺市から来たという30代の男性は「昔からあこがれているので、この時期が楽しみ。自分も掛け声あげてます」とうれしそうに話していた。
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.460500525515&lon=135.37870546407&z=18

最終更新:9月17日(土)16時52分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。