ここから本文です

岸和田だんじり祭はじまる 掛け声とともに勇壮と駆け抜ける

THE PAGE 9/17(土) 15:07配信

岸和田だんじり祭はじまる 掛け声とともに勇壮と駆け抜け 撮影・編集:柳曽文隆

 大阪・泉州の秋の風物詩「岸和田だんじり祭」が17日、宵宮を迎え、朝から街中を各町のだんじりが颯爽と駆け抜けた。18日には本宮を迎える。

【写真特集】岸和田だんじり祭り 2016

 「そーりゃそーりゃ」の掛け声と、「ドンドドン」という太鼓の音が響き渡る中、法被に鉢巻き姿の男たちが綱を手に一気に走りぬける。同時に朝から多くの見物人も訪れ、やり回しなどをじっくりと見守っている。

 和泉市から家族で来たという40代の男性は「私も1年待っていましたが、曳き手など、だんじり関係者の皆さんはずっと待ち遠しかったと思う。そんな宵宮をじっくり見守りたいと思います」などと話していた。

 また、堺市から来たという30代の男性は「昔からあこがれているので、この時期が楽しみ。自分も掛け声あげてます」とうれしそうに話していた。
地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.460500525515&lon=135.37870546407&z=18

最終更新:9/17(土) 16:52

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。