ここから本文です

<カントリー・ガールズ>ももち&山木が“しな水アンバサダー”就任 2人が水槽をプロデュース

まんたんウェブ 9月17日(土)12時1分配信

 アイドルグループ「カントリー・ガールズ」の嗣永桃子さんと山木梨沙さんが17日、しながわ水族館(東京都品川区)の「しな水アンバサダー」に就任し、同所で行われたアンバサダー就任&お披露目セレモニーに出席した。同所では、2人がプロデュースした特別水槽が期間限定で展示されている。ももちの愛称で知られる嗣永さんは「しながわ水族館は25周年ということで、ももちも1992年の3月生まれなので“同学年、同世代”だし、誰からも愛されているという共通点もあるので、こうやって関わることができて、(水槽も)プロデュースすることができて本当にうれしい」と喜んだ。

【写真特集】ももちらがプロデュースした水槽は…

 また、山木さんも「私は生き物が大好きなので、この水族館とコラボできて本当に夢のよう」と語った。

 同所では、10月に開館25周年を迎えることを記念して、「しながわ水族館25thアニバーサリーフェア」を実施。その一環として、期間ごとに3組のゲストがプロデュースした特別水槽を展示する。その第1弾として、しな水アンバサダーに就任した嗣永さん、山木さんがプロデュースした水槽がこの日から10月10日まで公開されている。

 今回2人は、同グループ6人のイメージカラーに合わせた6種類の魚が泳ぐ水槽をプロデュース。嗣永さんは「カントリー・ガールズに見立てた水槽に仕上がっている」とアピールし、水槽に飾るイラストを担当したという山木さんは「イラストは趣味なので、今回その話をいただけて、とてもうれしい」と笑顔を見せていた。

最終更新:9月17日(土)12時45分

まんたんウェブ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。