ここから本文です

ムネリン2の1 9回同点呼ぶ死球も 2年連続シャンパンファイトに「最高」

スポニチアネックス 9月17日(土)6時56分配信

 カブスは16日(日本時間17日)、シカゴでブルワーズと対戦し、延長10回に5―4でサヨナラ勝ちした。

 川崎は「8番・二塁」で出場し、2打数1安打。3回は投ゴロに倒れたが、5回には無死一塁で内野安打、7回には四球、9回には1点差としてなお1死一、二塁で死球で出塁。次打者のラッセルの二塁内野安打で同点に追いつく、貴重な出塁をした。打率は5割。

 カブスは前日、ブルワーズ戦に敗れたが、その後2位カージナルスが敗れたため一番乗りで08年以来8年ぶりの地区優勝が決定。この日の試合後にシャンパンファイトを行う予定となっており、サヨナラ勝ちでされに盛り上がりそうだ。

 ▼川崎の話(2年連続のシャンパンファイトに)最高。一つの目標に向かって皆で騒げるのは最高。こんないいことはない。しかもアメリカだよ。俺は世界一の幸せ者です。

最終更新:9月17日(土)10時38分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。