ここから本文です

iPhone 7は物理ホームボタン廃止、強制再起動はどうする?

アスキー 9月17日(土)17時0分配信

iPhone 7のホームボタンは、iPhone 6sまでのホームボタンとすこし異なっています。

 iPhone 7のホームボタンは、iPhone 6sまでのホームボタンとすこし異なっています。
 
 iPhone 6sまでは内部に機械式の接点を持つ物理的なボタンだったのですが、iPhone 7のホームボタンは、ガラス面が凹んでいる「擬似的なボタン」です。
 
 内部には「Taptic Engine」を搭載。これは、ホームボタンに対する指の圧力を感知し、擬似的に「押したような感触」を返してくれるというもので、昨年に発売された12型の「MacBook」でも使用されているテクノロジーです。
 
 余談ですが、iPhone 5あたりまでは「ホームボタンの効きが悪い」と言っている人もたくさんいましたけど、iPhone 5sでTouch IDが搭載されたあたりから頑丈になったのか、そんな声もあまり聞かれなくなったような気がしますね。
 
強制リセット、どうするの?
 ホームボタンが物理ボタンではなくなったことで、使い勝手以外の面でも変化がありました。
 
 それは強制再起動の方法です。iPhone 6sまでは、スリープボタンとホームボタンを長押しして再起動するという方式でした。ところが、iPhone 7のホームボタンは物理ボタンでないため、フリーズなどした場合に、「押せなくなってしまう」可能性があるのです。
 
 どうするんだろう? と思ってアップルのサポートページを覗いてみると、さりげなく説明がありました。
 
 「ボリュームを下げるボタン」とスリープボタンを長押しだそうです。いざというときのために覚えておきましょう!
 
 ちなみに、iOS 10をインストールしたiPhone 6sは、これまで通り、ホームボタンとスリープボタンの長押しで強制再起動です。
 
 
文● 貝塚/ASCII

最終更新:9月23日(金)16時37分

アスキー