ここから本文です

台風16号、台湾北部沖を北上 各地で大雨・豪雨警戒

中央社フォーカス台湾 9/17(土) 19:00配信

(台北 17日 中央社)中度台風(台湾基準)台風16号は17日午後、北部・台北市の東北東の海上を北寄りに進んでいる。中央気象局は東部・台東県と離島の3県(澎湖、金門、連江)を除く各地に大雨や豪雨に警戒を促す特報を発令し、注意を呼びかけている。

気象局によると、台風16号は17日午後6時現在、台北の東北東約140キロにあって、時速12キロで進路を北から北北東に変えながら進んでいる。中心気圧は940ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル。

台湾全土が台風の暴風域を抜けるのは18日午前4時になる見通し。

このほか、気象局は連日雨が続いているため、堤防の決壊や落石、土石流などにも注意が必要だとしている。また、台湾鉄路管理局の平渓線や深澳線、阿里山森林鉄道の本線が終日運休となるなど交通網にも影響が出ている。

(王揚宇/編集:杉野浩司)

最終更新:9/17(土) 19:00

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。