ここから本文です

コンテ、リヴァプールに敗れチームに警鐘を鳴らす「どんな瞬間にだって集中を切らしてはいけない」

GOAL 9月17日(土)11時9分配信

チェルシーは17日、プレミアリーグ第5節でリヴァプールと対戦し、1-2で敗れた。チームを率いるアントニオ・コンテ監督は改善が必要と語っている。クラブの公式サイトが伝えた。

チェルシーは前半に2失点を喫し、後半に1点を返すものの、最後までスコアを振り出しに戻すことはできなかった。コンテは「前半の内容は受け入れがたい」と話しながら、チームの問題点を指摘している。

「こういったタフな試合では、どんな瞬間にだって集中を切らしてはいけない。細かい部分が勝敗を分けるからだ。そして今日は、そのツケを払わされた。後半に1点を返したが、同点のチャンスは逃してしまった。全てが遅すぎたんだ」

また、この試合以降調子を落とさないために、チームに警鐘を鳴らしている。

「簡単な試合などない。昨シーズンの悲劇を忘れてはいけないし、ましてや繰り返すことなどあってはならない。10位でシーズンを終えるなんて、おかしなことだ。理由は単純じゃない。現状打破には相当な努力を要する」

GOAL

最終更新:9月17日(土)11時9分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報