ここから本文です

【ホンダF1】「良いデータを得られ、方向性も見いだせた」

TopNews 9月17日(土)6時9分配信

マクラーレン・ホンダのエリック・ブーリエ(レーシングディレクター)が、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われたF1シンガポールGP初日を終えて次のようにコメントした。

●【P2スピード】アロンソ1位と2位!/F1シンガポールGP

■長谷川祐介 (株)本田技術研究所 主席研究員 F1プロジェクト総責任者

「本日は、FP1とFP2で大きく気温や路面温度などの走行環境が変わる中、小さな問題が少し発生したものの、サーキット特性に合わせたマシンとタイヤの適切なセットアップを行う一日となりました」

「ホンダとしては、この加減速が多いコースに対するパワーユニットの調整と、シャーシへのマッチングの確認を行いました」

「FP2では複数のタイヤでロングランのバランスを見ることができました」

「明日に向けてデータをたくさん取得することができましたし、走行を重ねるとともにバランスもいい方向性に動いていると思います」

「最終的な調整はこれから朝方にかけて行いますが、土日の走行に向けたチームの努力に期待したいと思います」

最終更新:9月17日(土)6時9分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]