ここから本文です

東京マラソン当選者に落選と誤送信 2200人に

朝日新聞デジタル 9月17日(土)2時15分配信

 東京マラソン財団は17日、来年2月26日に開催される東京マラソンの一般抽選で、当選した約2200人に誤って落選のメールを送っていた、と発表した。対象者には既に謝罪のメールを送ったという。

 財団によると、年会費を払っている会員限定の先行抽選で落選し、その後の一般抽選で当選した人に誤送信した。結果発表の16日、誤ったメールを受け取った当選者が、ホームページの発表と違っていることに気づき、財団に連絡したという。インターネットサーバーの移行時に起きたトラブルが原因とみられている。

 今大会のマラソン部門(42・195キロ)には、一般出場枠2万6370人に対し約32万人が申し込んでいた。

朝日新聞社

最終更新:9月17日(土)11時13分

朝日新聞デジタル