ここから本文です

【K-1】テバウが小宮山を挑発「顔面前蹴りを当ててみろ」

イーファイト 9月17日(土)18時14分配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される格闘技イベント『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~』のスーパー・フェザー級世界最強決定トーナメントに出場するパウロ・テバウ(ブラジル)、カリム・ベノーイ(アルジェリア)、ヨハネス・ウルフ(ドイツ)、ハビエル・エルナンデス(スペイン)が、17日(土)都内にて公開練習を行った。

【フォト】一回戦で大雅と対戦するエルナンデス

 2分2Rのミット打ちで好調をアピールした外国人4選手。一回戦で小宮山工介(北斗会館)と対戦するテバウは「小宮山は経験があってテクニックがある選手」と警戒しながらも「小宮山は顔面前蹴りが得意? 顔を突き出して当ててみろというのが俺の新しいテクニックだ」と小宮山の足技は問題ないと言わんばかり。

「出場全戦手みんな経験があって強い選手ばかり。誰と当たっても自分がやることは同じなので問題ない」と自信満々のコメントを残した。

 また、一回戦で卜部功也(K-1ジム・チームドラゴン)と2度目の対戦を行うベノーイは「自分は勝つために日本に来たんだ。前回と同じ結果になるだろうね(2004年にべノーイが功也から判定勝ち)」とリベンジを目論む功也を返り討ちにするという。「今までたくさんのタイトルを獲ってきたが、K-1のタイトルは獲ったことがないのでぜひ獲りたい」とK-1王座奪取に意欲を見せる。

 そして一回戦で卜部弘嵩(K-1ジム・チームドラゴン)と対戦するヨハネス・ウルフ(ドイツ)は今年3月に弘嵩に勝利した実績を持つ。「前回は難しい試合だったが、今回もそれ以上の気持ちで臨む。今回はベルト(=世界最強の称号)が懸かった試合なので、これまで以上の技術を駆使して、前回来日した時以上のパワー、スピードで勝利するよ」とコメント。

 一回戦で大雅(TRY HARD GYM)と対戦するエルナンデス(スペイン)は「今のキャリアの中でも過去最高の状態。大雅は距離の取り方がうまくてやりにく相手だが、しっかり彼に勝つための練習をしてきた。自分が世界No.1というのを証明したい」と力強く意気込みを語った。

最終更新:9月17日(土)18時17分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]