ここから本文です

<宮崎あおい>“お父ちゃん”渡辺謙に感謝 声詰まらせ「会えなくなっちゃうのが寂しい」

まんたんウェブ 9/17(土) 14:46配信

 俳優の渡辺謙さんと女優の宮崎あおいさんが17日、東京都内で行われた映画「怒り」(李相日監督)の初日舞台あいさつに出席した。劇中で親子役を演じた2人。父親役の渡辺さんについて、宮崎さんは「今、とても寂しくて。今日から映画が始まっていくので明日からお父ちゃんに会えなくなっちゃうんだなと思うと寂しいところがあって……」と声を詰まらせながら、「現場でもすごく支えてくれた。自分の居場所を作ってくれた。“お父ちゃん”について行けば大丈夫という安心感があった。謙さんの娘を1回でも演じられたことを幸せに思っています」と感謝の言葉を述べた。

【写真特集】広瀬すずがミニワンピで美脚見せ

 それを聞いた渡辺さんは、深々と礼をして、「彼女(宮崎さん)がこの役をやろうという思い、覚悟というものを感じていたので、俳優同士としても先輩としても、きちんと見届けたいと思ったし、いろいろなことでサポートできるならサポートしたいと思った」と振り返った。「映画撮影として短い時間だったけれど、とても濃密な親子、本当に生活をさせていただいたような気がするので、あおいちゃんと同じような感じ(感覚)だった」と話し、「また連絡くださいね」と呼びかけていた。

 舞台あいさつには出演した妻夫木聡さん、綾野剛さん、広瀬すずさん、松山ケンイチさん、森山未來さん、李監督も出席。共演した松山さんの印象について、宮崎さんは「10年以上前、映画でご一緒したとき、線の細い少年の役をやられていて、私は年下の物静かな男の子という印象があったけれど、今回お会いしてみたら実は年上だったとか、おしゃべりが好きで思ったことを口に出してくれるとても気持ちのいい方だったり。私は助けられた部分がたくさんあって、頼りがいのある存在だった」と語ると、松山さんは「昔、ある女優さんと仕事をして、『今まで一番変人な役者さんは誰?』という話になり、その女優さんはあおいちゃんのこと言っていた。そのときは分からなかったけれど、今回共演してよく分かりました」と意味深コメントで笑わせつつ、「だから愛子を演じられたんだって。素晴らしい女優さんだった」と絶賛していた。

 映画は、吉田修一さんの小説(中央公論新社)が原作。八王子で凄惨な夫婦殺人事件が起き、殺害現場に「怒」という血文字が残されていた。犯人は顔を整形し、逃亡を続ける。事件から1年後、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れて……という内容で、千葉の漁港で働く洋平(渡辺さん)、東京の大手広告代理店で働く優馬(妻夫木さん)、沖縄に引っ越ししてきた泉(広瀬さん)を中心とした三つの群像劇が展開する。

最終更新:9/18(日) 16:15

まんたんウェブ