ここから本文です

三浦大知、3人のアレンジャーとの共同作業で、宇多田ヒカル、マイケル・ジャクソンをカバー&自身の楽曲を披露

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月17日(土)12時49分配信

三浦大知が、本日9月17日夜に放送されるBS-TBS「Sound Inn“S”」に出演する。

番組では、三浦大知が、宇多田ヒカル、椎名林檎らの編曲を手掛けてきた斉藤ネコ、aiko、いきものがかり、秦 基博らのサウンドプロデュースで知られる島田昌典、玉置浩二、JUJUらの楽曲アレンジやライブツアーに帯同するキーボーディストのTomi Yoの3人のアレンジャーを迎え、自身の楽曲である「music」、敬愛してやまないマイケル・ジャクソンの「Black or White」、宇多田ヒカル「First Love」の3曲を披露。

三浦と各アレンジャーが、リハーサルを通じてお互いに意見交換をしながら楽曲を仕上げていく様子など、普段はなかなか見ることのできない興味深い内容となっている。

三浦と3人のアレンジャーが、いったいどんな化学反応を起こし、素晴らしい楽曲に仕上げていくのか、ぜひチェックしてみよう。

番組情報
BS-TBS「Sound Inn“S”」
09/17(土)23:00~23:30

リリース情報
2016.11.23 ON SALE
SINGLE「(RE)PLAY」

BS-TBS「Sound Inn“S”」番組サイト
http://www.bs-tbs.co.jp/music/sis/

三浦大知 OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/daichi/

最終更新:9月17日(土)12時49分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。