ここから本文です

米テレビ女優で高額所得No.1は5年連続でソフィア・ベルガラ

映画.com 9月17日(土)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 米フォーブス誌が毎年恒例の高額所得者ランキングを発表し、テレビ女優部門では「モダン・ファミリー」のソフィア・ベルガラが5年連続で1位となった。

 コロンビア出身で元モデルのベルガラは、人気コメディドラマ「モダン・ファミリー」でブレイク。同作への出演料に加え、複数のCM契約で推定年間収入は4300万ドルにものぼる。

 2位は、人気シチュエーションコメディ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」でペニー役を演じるケイリー・クオコ。1話あたり100万ドルという高額出演料のおかげで推定年間収入は2450万ドルとなっている。

 フォーブス誌によるテレビ女優高額所得者ランキングは以下の通り

1位:ソフィア・ベルガラ(「モダン・ファミリー」)4300万ドル
2位:ケイリー・クオコ(「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」)2450万ドル
3位:ミンディ・カリング(「The Mindy Project」)1500万ドル
4位:エレン・ポンピオ(「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」)1450万ドル
4位:マリスカ・ハージティ(LAW & ORDER:性犯罪特捜班)1450万ドル
6位:ケリー・ワシントン(「スキャンダル 託された秘密」)1350万ドル
7位:スタナ・カティック(「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」)1200万ドル
8位:プリヤンカー・チョープラ(「クワンティコ/FBIアカデミーの真実」)1100万ドル
9位:ジュリアナ・マルガリーズ(「グッド・ワイフ」)1050万ドル
10位:ジュリー・ボーウェン(「モダン・ファミリー」)1000万ドル

最終更新:9月17日(土)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。