ここから本文です

藤田、出遅れ響く=自転車〔パラリンピック〕

時事通信 9月17日(土)0時55分配信

 「表彰台の真ん中に立つ。2位でも3位でも負け」。こう宣言して3度目の大会に臨んだ男子自転車のエース藤田。だが、ロードレースで13位に終わり、タイムトライアルの銀に続く表彰台には届かなかった。
 最初の周回で落車に巻き込まれ、チェーンが外れるトラブルが響いた。巻き返しを図り先頭集団を追走したが、「力が及ばなかった」とがっくり。
 これまで計5個のメダルを獲得しながら、まだ金は手にしていない。「もう一度覚悟を決めて臨むべきなのか、4年後のことは今は考えられない」。31歳は悔しさをにじませつつ、慎重に言葉を選んだ。(時事)

最終更新:9月17日(土)0時59分

時事通信