ここから本文です

日本ハム・大谷、二刀流全開だ!球数制限&登板時DHの解除、中0日出場も視野

デイリースポーツ 9/17(土) 6:03配信

 いよいよ“二刀流”が本領発揮だ!日本ハム・栗山英樹監督(55)が16日、21日からのソフトバンク2連戦(ヤフオクドーム)で、大谷翔平投手(22)のリミッターを“フル解除”する可能性を示唆した。

 頂点を懸けた戦い。その行方を握る直接対決で、21日の初戦に先発予定の大谷。まずは、この試合から過去2戦で設けられていた球数制限が解除される。

 7月10日のロッテ戦で右手中指にできたマメの影響で先発登板から遠ざかり、7日のロッテ戦で2回1失点、38球での先発復帰。13日のオリックス戦も87球と制限下での登板だった。ただ、栗山監督は「次は制限がないから」と明言。DHを解除して打席に立つ“リアル二刀流”の可能性もあり、フルスロットルで臨む構えだ。

 さらに、もう1段階の制限も解除する。栗山監督は「体が大丈夫かを確認してから。その時の状況を見て」とした上で、翌22日の代打などの野手出場について「それも考えてはいる」と話した。

 大谷は新人時代の13年に登板翌日の代打出場が1度あるが、“リアル二刀流”翌日の野手出場となれば初となる。勝敗次第で17日にもソフトバンクに優勝マジック10が点灯するが、「最後の最後に上に立っていればいい」と大谷。“二刀流”全開で歓喜の秋を迎える。

最終更新:9/17(土) 7:38

デイリースポーツ