ここから本文です

ハナレグミとフジファブリックが競演!『J-WAVE×HOT STUFF“LIVE OASIS”』オフィシャルレポート

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/17(土) 14:25配信

9月13日、音楽ライブイベント『J-WAVE×HOT STUFF“LIVE OASIS』が、東京・EX THEATER ROPPONGIにて開催した。

【詳細】他の写真はこちら

『J-WAVE×HOT STUFF“LIVE OASIS』は、J-WAVE(81.3FM)とコンサート・プロモーターのHOT STUFF PROMOTIONがタッグを組んで開催するライブイベント。これまでにレキシ×EGO-WRAPPIN’(2014年)、東京スカパラダイスオーケストラ×クラムボン(2015年)の貴重な音楽体験を共有してた。

今回、六本木のど真ん中に瑞々しい音楽が溢れるオアシスが出現し、ハナレグミとフジファブリックが、一夜限りのスペシャル・ライブを披露。2組それぞれのライブをたっぷりと楽しむ“いい歌”ばかりの贅沢な一夜となった。

9月19日(月・祝)には、「J-WAVE×HOT STUFF“LIVE OASIS」特別番組をOA。ライブの模様がたっぷりと届けられる。

【ライブレポート】
都心の会場ながら、ステージには小さな椰子の木の鉢植えが置かれ、ジャングルの中のオアシスのような設え。スタッフも水色ベースに赤い花をあしらったお揃いのアロハシャツ。フジファブリック、ハナレグミを待つ会場中に、肩の力を抜いて楽しもうというムードがあふれていた『J-WAVE×HOT STUFF LIVE OASIS』。

場内が暗転して「こんばんは!」とまず登場したのは、ライブMCを務める渡辺祐。そして客席からも「こんばんは!」が返され、「いいお返事でありがとうございます! さすが、フジファブリック、ハナレグミのお客さん(笑)。この日の模様がラジオでオンエアされるから歓声のデシベル上げめでいきましょう」と、盛り上げてからフジファブリックを呼び込む。

フジファブリックは、1曲目の「LIFE」からボーカルギターの山内総一郎が「トーキョー!」と声を上げ、1階スタンディング席はサビで左右に手を振って応え、2階席は全体がゆらゆら揺れる。「最高の雰囲気ですね」「今日は特別な日になるんじゃないかな」と、リラックスした雰囲気のMCをはさんでから、思い切りダンサブルな2曲を立て続け、ここで完全に会場は一体になって大盛り上がり! メンバーとのやりとりのなかで「今日は歴史的な夜になるよ」と、山内はまた口にし、そして「若者のすべて」でダメ押し。まるで熟練のDJが緩急つけて構成したかのような、8曲のセットリストをやり切ってステージをあとにした。

舞台上でアロハ姿のスタッフたちが忙しく立ち働くセットチェンジを経て、渡辺祐が再登場。「なぜこの2組が選ばれたのか、わかった。それは<いい曲>しかないから」という、この日のライブの最大の魅力を端的に表すひと言を言って、ハナレグミを呼び込んだ。

その呼び込みに、「どもー」と言いながら陽気に登場するハナレグミ。「大安」「オアシス」とほぼフラットで白い照明つけっぱなしのなか、ここにいることの幸せを実感させてくれるような演奏と声が心地よく響く。ラテンファンクな「無印良人」へと繋いで、感極まった「タカシーー」という野太い声援には「そうです! タカシです、タカシなんです!!」と応え、場内は爆笑。そんな和やかな余韻も残るうちに「深呼吸」。しかも、歌い終わって自ら「この夏の最高得点、出たんじゃない?」。バックにキーボード、ドラム、ベースを従えつつ、会場の声を聴き、いじり、語り、歌う。もしフジファブリックがDJだとしたら、永積崇は寄席のベテラン芸人のような時間を作り出した。

お互いのライブ中のMCで、実はそれぞれへのリスペクトと思いを語っていた、フジファブリックとハナレグミ。アンコールでは、1本のマイクを4人で囲んでフジファブリックの「ルーティーン」、ハナレグミの「家族の風景」をアコースティックで披露。さらに、この日のために「喫茶店で打ち合わせして作った」という新曲を発表。これが、山内がしきりに口にしていた“歴史に残る何か”だったのか! と驚く場内。最後はスタンド席まで踊る人々で溢れかえって、3時間におよぶライブが幕を閉じた。

なお、このスペシャルなセッションも含めて、この日のライブ音源は9月19日放送の『J-WAVE×HOT STUFF LIVE OASIS SPECIAL』でもたっぷりオンエアされる。

PHOTO BY 仁礼博

J-WAVE OFFICIAL WEBSITE
http://www.j-wave.co.jp/

フジファブリック OFFICIAL WEBSITE
http://www.fujifabric.com/

ハナレグミ OFFICIAL
http://www.hanaregumi.jp/

最終更新:9/17(土) 14:25

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]