ここから本文です

ドル上昇、予想上回るCPIで12月利上げ確率上昇=NY外為

ロイター 9月17日(土)7時47分配信

[ニューヨーク 16日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドル指数が上昇。この日発表された消費者物価指数(CPI)が予想を上回る伸びとなったことで12月の米利上げ期待が高まった。円相場は1ドル=102円台前半での取引だった。

8月のCPIは前月比0.2%、前年比1.1%上昇し、それぞれ予想を上回った。統計を受け、CMEグループFEDウオッチの金利先物が織り込む9月利上げの確率は前日の12%から15%に上昇、12月利上げの確率は約47%から52%近くに上昇した。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメント(ニューヨーク)のシニア外為トレーダー、スティーブン・ケーシー氏は「米連邦準備理事会(FRB)は年内に引き締めを行う準備が整いつつある。クリスマス前に0.25%の利上げがあるだろう」と述べた。

ドル指数<.DXY>は0.8%上昇し96.063。ドル/円<JPY=>は0.25%高の102.35円。日銀金融政策決定会合を来週20、21日に控え、警戒感が広がった。

英ポンド/ドル<GBP=>は一時1.3001ドルに下落し1カ月ぶり安値をつけた。ブルームバーグは関係筋の話として、ハモンド英財務相は欧州連合(EU)単一市場へのアクセス断念を受け入れる用意があると報じた。

ドル/円 NY終値 102.28/102.31

始値 101.79

高値 102.46

安値 101.78

ユーロ/ドル NY終値 1.1153/1.1157

始値 1.1223

高値 1.1230

安値 1.1149

最終更新:9月17日(土)7時47分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]