ここから本文です

国学院大が勝ち点1 宮内また好救援3回2/3無失点

スポニチアネックス 9月17日(土)7時0分配信

 ◇東都大学野球第2週最終日 国学院大5―3専大(2016年9月16日 神宮)

 3回戦1試合が行われ、国学院大が専大を5―3で下し、2勝1敗で勝ち点1を挙げた。2番手の宮内崇匡投手(3年)が3回2/3を1安打無失点。3回を1失点に抑えた1回戦に続く好救援を見せ、12季ぶり2度目の優勝へ向けて好発進した。

 国学院大は56分間の降雨中断にも集中力を切らさず、接戦を制した。2点差に詰め寄られた6回1死一塁で宮内が登板。後続を断ってピンチをしのぐと、7~9回は毎回走者を出しながらも得点を許さなかった。「1回戦では硬さがあった分、今日は闘争心を出して強気でいった」と満足げ。今春リーグ戦はリリーバーとして9試合に登板して3勝2敗。今秋もフル回転で投げ抜く覚悟だ。

最終更新:9月17日(土)7時0分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]