ここから本文です

鈴木誠也27号!前田智徳に並んだ 高卒4年目で…広島23年ぶり

デイリースポーツ 9月17日(土)6時3分配信

 「広島8-0中日」(16日、マツダスタジアム)

 心地よい快音が、広島の夜空に響き渡った。見ている者すべてが感嘆した完璧なアーチ。真っ赤に染まったスタンドから沸き起こった大歓声が、ダイヤモンドを回る広島・鈴木誠也外野手に降り注いだ。

 「まぐれです。打席に入る前はどうやって入ろうかと思っていましたが、集中して入ることができました」。場面は三回、4点を奪い、なお2死一塁。カウント2-1からの4球目、バルデスの138キロ直球を捉えた。打球は一直線で左翼席上段の看板に直撃。27号2ランでこの回一挙6得点を奪った。

 広島選手の高卒4年目での27本塁打は、93年前田智徳以来、23年ぶり。気合の一発で“天才”に並んだ。「うれしいです」と素直に喜びを口にした。

 強い危機感を持って臨んだ今季。「結果を出さないと自分の方向性が決まってしまう。左投手が先発ならスタメン、右投手なら代打。そういうことになりかねない」。その必死の覚悟があったからこそ、すべての打撃成績でキャリアハイを記録し、定位置の座をつかむことができた。

 「今年は、自分で何かしらいいモノを見つけていけたらと思っている。1打席1打席、もったいない打席にしたくない。集中して入れている」。急成長を遂げた若鯉は、最後まで気を抜かない。

最終更新:9月17日(土)7時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。