ここから本文です

盛り上がりすぎな撮影にクレーム!吉沢亮、初主演映画でテンションマックス

シネマトゥデイ 9月17日(土)12時32分配信

 俳優の吉沢亮が17日、都内で行われた映画『サマーソング』の初日舞台あいさつに、浅香航大、赤澤燈、メガホンを取った中前勇児監督、主題歌を担当した1 FINGER(イリナ、IMANISHI)と共に登壇、本作で映画初主演を果たした吉沢は、あまりの盛り上がりにクレームが来たという撮影を、「あそこのテンションのぶっ飛び具合はやばい」と語った。

【写真ギャラリー】吉沢亮、あふれるイケメンオーラ!

 本作は、サーファーだった父の死をきっかけにサーフィンを絶ってしまった主人公のイッチー=市原健一(吉沢)が、親友のまこっちゃん=上原まこと(浅香)やバンズ=大原大二郎(赤澤)らと過ごす、ひと夏の日々を描いた青春映画で、吉沢は「3人のシーンがすごく多かったし、合宿みたいな感じで、ずーっと一緒にいたので、仲良くやってましたね」とにっこり。

 撮影の盛り上がりは凄まじかったようで、中前監督はイッチーの家に3人が集まるシーンの撮影で、大家からクレームが来ていたと告白。これを聞いた吉沢は、「あそこのテンションのぶっ飛び具合はやばい」と楽しそうに振り返っていた。

 見どころについては、「全部観てほしいんですけど、男のくだらなくて愛しい部分とか、そういう男臭さがすごく詰まっているので、特に3人の友情を描くシーンは観ていただきたいなと思います」と回答。そして、「友情と言うと、僕は一瞬、こっぱずかしい感じがあるんですけど、普段意識しなくても、そこに愛があるということは、すごく温かい。そういうことを感じていただける作品になっているんじゃないかなと思っています」と作品の出来に自信をのぞかせ、続けて「普段生きていたら、『あと一歩踏み出せればできるのに』とわかっていても踏み出せない瞬間っていっぱいあると思うんですけど、そういう人たちの背中を押す力になれれば嬉しいな」と話していた。(取材・文:岸豊)

最終更新:9月17日(土)12時32分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。