ここから本文です

ユヴェントス移籍を阻止されたマテュイディに理解を示すシソコ「僕も同じ状況だった」

GOAL 9月17日(土)14時11分配信

トッテナムに所属するMFムサ・シソコはフランス代表でともにプレーするMFブレーズ・マテュイディの状況についてコメントしている。イギリス紙『デイリー・メール』が報じた。

シソコが今夏、ニューカッスルからトッテナムへと移籍したのとは対照的に、マテュイディはパリ・サンジェルマン(PSG)からの移籍を許されなかった。ユヴェントスがマテュイディに興味を示していると伝えられていたが、クラブがストップをかけ、マテュイディは新シーズンもフランスでプレーすることとなっている。シソコは当時のマテュイディについて以下のように話した。

「フランス代表の時に、彼とはよく一緒に部屋にいたよ。明らかに移籍したがっていたし、新たな挑戦を求めていた。ユヴェントスは彼に興味を示していて、彼はワクワクしていた。でも残念ながらPSGが放出を拒んだ。理解できることだよ」

「ブレーズは素晴らしい選手で、PSGやフランス代表に大きく貢献してきた。僕も同じ状況だったし、彼のことはよくわかる。だからこそ彼のことはサポートしていきたいね」

GOAL

最終更新:9月17日(土)14時11分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。