ここから本文です

〔土砂災害警戒〕長崎県対馬で局地的に猛烈な雨(9/17)

レスキューナウニュース 9月17日(土)16時0分配信

前線や湿った空気の影響により、長崎県対馬市上対馬町鰐浦で17日15:07までの1時間に89.5mmの猛烈な雨を観測しました。対馬では17日夜のはじめ頃にかけ、3時間に最大120mmの大雨となるおそれがあります。土砂災害、低地の浸水や河川のはん濫に警戒が必要です。

■防災気象情報
【土砂災害警戒情報】
・長崎県 :上対馬・下対馬(17日16:40)

【大雨・洪水警報】(17日16:45現在)
・長崎県 :上対馬(3時間最大120mm)、下対馬(3時間最大100mm)

■気象概況
【1時間雨量】
・長崎県  鰐浦    89.5mm(~17日15:07)≪史上1位≫
・長崎県  小値賀   35.0mm(~17日15:31)

【3時間雨量】
・長崎県  鰐浦    122.0mm(~17日16:00)<9月1位>
・長崎県  小値賀   35.5mm(~17日16:00)

【日最大瞬間風速】
・長崎県  厳原    24.7m/s 南  (17日14:28)

◆用語解説
「猛烈な雨」
・1時間80mm以上の雨、息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じるような状態で、傘は全く役に立たなくなる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。大規模災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

「土砂災害警戒情報」
・大雨警報が発表されている状況で、土砂災害発生の危険度がさらに高まったときに、対象となる市町村を特定して警戒を呼びかける情報。周囲の状況や雨の降り方にも注意し、危険を感じたら躊躇することなく早期避難を。

レスキューナウ

最終更新:9月17日(土)16時45分

レスキューナウニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。