ここから本文です

湘南モノレール、500形のカットモデルを本社に設置

レスポンス 9月17日(土)15時30分配信

湘南モノレールは9月15日、500形電車の「カットモデル」を本社敷地内(神奈川県鎌倉市、湘南モノレール湘南深沢駅から徒歩5分)に設置すると発表した。9月25日にお披露目式を行う。

[関連写真]

500形は1988年から1991年にかけて18両(3両編成6本)が導入された、湘南モノレールの電車。2004年にデビューした5000系電車に順次置き換えられ、今年6月までに全ての車両が引退した。

発表によると、500形のうち最後まで運用された551編成の運転台部分を切断して本社敷地内に設置。500形の運転台の雰囲気を体験できるようにした。同社が実際に使用した車両を保存するのは、これが初めてという。

お披露目式は9月25日の13時30分から15時まで行われる予定。開催後、記念撮影と運転台乗車体験が行われる。記念撮影・乗車体験は先着50人までで、整理券が12時から配布されるが、混雑時などには配布を前倒しする場合がある。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9月17日(土)15時30分

レスポンス