ここから本文です

作新学院・今井、東邦・藤嶋らもプロ志望届提出

スポニチアネックス 9月17日(土)7時0分配信

 日本高野連は16日、プロ志望届の提出者を新たに公表。「高校ビッグ4」の一角で今夏の甲子園を制し、U―18アジア野球選手権(台湾)の優勝にも貢献した作新学院(栃木)の152キロ右腕・今井達也投手、同じく高校日本代表に選ばれ投打で活躍した東邦(愛知)の藤嶋健人投手、二松学舎大付(東京)の149キロ左腕・大江竜聖投手らが提出し、計61人となった。また、全日本大学野球連盟も近畿大の畠世周投手らが提出したと公表し、計33人となった。

最終更新:9月17日(土)7時0分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]