ここから本文です

【TGS 2016】アソビモブースで『BTOOOM! ONLINE(仮)』初試遊をお披露目! 斬新なVRや最新作『イクサバ』、コスプレ美女まで見どころ満載

インサイド 9/17(土) 12:50配信

「日本でナンバーワンのオンラインゲーム会社になる」という目標を掲げ、モバイルMMORPGをはじめ様々なタイトルを手がけているアソビモ。

【関連画像】

先日も、MMORPG『アヴァベルオンライン』のスピンオフオンライン対戦アクションゲーム『イクサバ』を電撃発表。しかも、Android・iOS同時にαテストの配信を開始するというスピーディな展開を見せ、話題を集めました。


同社は今年の東京ゲームショウに出展しており、多彩なタイトルの試遊を用意。まず気になるのは、今回試遊を初公開する『BTOOOM! ONLINE(仮)』でしょう。原作者の井上哉氏から「設定にとらわれず面白さ優先で!」との許可を得ている本作が、一体どのようなゲームとして姿を現すのか。その最前線をチェックする絶好のチャンスなので、興味がある方は『BTOOOM! ONLINE(仮)』の試遊をお忘れなく。

また、会場で『BTOOOM! ONLINE(仮)』を遊んだ方に、「オリジナル試し読み小冊子」をプレゼント。原作ファンのみならず、試遊をきっかけに『BTOOOM!』の世界に初めて触れる方にとっても嬉しい特典と言えそうです。なお、なくなり次第終了となるので、欲しい方は早めの試遊を心がけましょう。


そして、前述した『イクサバ』も試遊出展。発表直後のαテスト配信にTGS出展と、軽やかなフットワークを見せます。そのテンポの良さはゲーム性にも現れており、『AVABEL』のAVAと「戦場」の意が込められたタイトルに相応しい、白熱するバトルを味わえる対戦型コンテンツとなっています。


操作方法などは、分かりやすいボードが設置されているので、会場で初めて触れるという方もご安心ください。また本作には縦画面モードもあり、こちらはアシストモードONで方向キーが自動化。人によっては、こちらのほうがプレイしやすいと感じるかもしれないので、可能ならばそちらのモードも試してみましょう。


さらに特徴的な出展として、VRコンテンツも見逃せません。手と指の動きを感知して奥行きのある立体的な操作ができる「Leap Motion(リープモーション)」を用いた2タイトル、『フェアリーランドVR』と『ハッピー太郎君VR』も試遊できます。

『フェアリーランドVR』は、剣や盾を駆使して戦う対戦アクションゲーム。魔法を撃つこともできるので、魔法戦士さながらな体験を味わえます。そして『ハッピー太郎君VR』は、手の動きに反応してアクションするというユニークなランニングゲーム。まさに「新感覚」という表現がぴったりな作品です。

試遊している人の姿を見ると、確かに手を突き出して操作している様子が伺えます。取材したビジネスデイでも列が出来ていたので、この新鮮な体験に挑んでみたい方は早めに足を運んだ方がいいかもしれません。

もちろんこの他にも試遊タイトルは数多く、アクションRPG『ゲートオブリベリオン』や今夏スタートしたばかりの『GODGAMES』など、多彩な作品を取り揃えています。さらに、『トーラムオンライン』をプレイした方は「オリジナルサウンドトラック2016」がもらえるなど、ノベルティも数々用意。プレイ体験だけでなく、おみやげも持って帰ることができます。


『BTOOOM!』コスプレ美女も華を添えるアソビモブースで、VRの新たな扉に触れてみるもよし、ノベルティを狙ってみるもよし。東京ゲームショウでも「遊び」を提供する同社のブースに興味を惹かれた方は、ぜひ訪れてみてください。

■TGS2016アソビモ特設サイト
URL:http://asobimo.com/tgs2016/

最終更新:9/17(土) 12:50

インサイド

なぜ今? 首相主導の働き方改革