ここから本文です

世界的な有名歌手、メグ・ライアン似のボトックス顔が絶賛される

Movie Walker 9月17日(土)6時30分配信

メグ・ライアン(54)がボトックスで驚くほど悪い方に激変し、典型的なボトックス顔になっていると指摘されるなか、世界的な人気を誇る歌手オリビア・ニュートン=ジョン(67)のボトックス顔は、絶賛されている。

【写真を見る】67歳とは思えない美しさ!

先日、オリビアの娘クロエ・ラタンジー(30)が、バービー人形を目指して総額41万5000ドル(約4250万円)の全身整形を行い、その変わり果てた姿が衝撃を与えたが、何を隠そう母オリビアもボトックスの愛用者なのだとか。

1992年に乳がんにかかりながらも完治したオリビアは、乳がんを撲滅するために自ら立ち上げたOlivia Newton-John Cancer Wellness & Research Centreのイベント、Wellness Walk & Research Runに出席。白いパンツ姿に緑色の上着を着て、笑みを浮かべてイベントに登場したオリビアを、「67歳とは思えないほど若々しい」とデイリー・メール紙が写真付きで掲載している。

オリビアは、ある意味典型的なボトックス顔で、ネットユーザーからは「何故皆同じ顔になるの?」「メグ・ライアンに似てる!」と指摘されている。しかし「67歳の割には若いし、メグのように化け物顔になっていない!」「いい年の取り方をしていると思う」「困難に打ち勝って、いい人生を送っている顔」「黙っているとボトックス顔だけど、キュートな笑顔は昔のまま!」と、絶賛の声も寄せられているようだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:9月17日(土)6時30分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。