ここから本文です

ジョニー・トー新作公開、病院のワンフロアを舞台にしたサスペンスアクション

映画ナタリー 9月17日(土)10時0分配信

「エグザイル/絆」などの香港ノワールで知られるジョニー・トーが監督を務めた「ホワイト・バレット」の公開が決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、病院のワンフロアを舞台に展開されるサスペンスアクション。警察との銃撃戦で頭に銃弾を受けて運ばれた強盗団の男と彼を見張る警部、銃弾の摘出を拒む男に手術をしようと説得する女性医師の3人の駆け引きを描く。ジョニー・トー自身が1996年に立ち上げた製作会社ミルキーウェイの創立20周年作品として製作された。

主演は、ジョニー・トー作品には本作で10本目の出演となる「ドラッグ・ウォー 毒戦」のルイス・クー。共演には、「少林サッカー」のヴィッキー・チャオ、「モンスター・ハント」のウォレス・チョン、「アクシデント」のラム・シューが並ぶ。

「ホワイト・バレット」は2017年1月7日より東京・新宿武蔵野館ほか全国にて順次ロードショー。

(c)2016 Media Asia Film International Limited All Rights Reserved

最終更新:9月17日(土)10時0分

映画ナタリー