ここから本文です

36の体験プログラム提供 湖西「浜名湖おんぱく」

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月17日(土)8時42分配信

 湖西市や浜名湖の魅力を多くの人に知ってもらおうと、市民らが36種類の体験プログラムを主催する「浜名湖おんぱく」(同実行委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が10月24日~11月13日、市内各地で開催される。各プログラムへの参加は10月10日正午から受け付けを始める。

 おんぱくは「温故知新博覧会」の略称で、浜名湖おんぱくは3回目。過去2回は新居町商工会や同町の関係団体が主体だったが、今回は湖西市商工会も協力。開催場所は市内全域に広がり、プログラム数は2月の前回開催の21から36に増えた。

 遊覧船での「湖西クルーズ」や、秋の湖西連峰ハイキング、鷲津漁港の見学など、これまで以上に多彩なプログラムが展開される。

 一般住民や市民グループのメンバー、商店主、事業者などが各プログラムの主催者(講師)になり、参加者に自分が詳しい観光、商業、趣味などの分野を紹介、案内する。所要時間は2時間~半日程度、参加料は300~4500円と幅広い。

 詳しい内容や申し込み先などは公式ホームページに掲載。「浜名湖おんぱく」で検索する。問い合わせは午前9時~午後6時に事務局<電080(9111)5811>へ。

静岡新聞社

最終更新:9月17日(土)12時59分

@S[アットエス] by 静岡新聞