ここから本文です

川本、東京へ手応え=自転車〔パラリンピック〕

時事通信 9月17日(土)1時8分配信

 筋肉を大きく発達させた右足で懸命にペダルを踏んだ。男子自転車ロードレースの川本は31位。初めての晴れ舞台を「どういう大会かも分からなかった。レース前の気持ちの持っていき方とか勉強になった」と振り返った。
 生後2カ月で足を切断。不自由を克服するかのようにスポーツにのめり込んだ。高校時代は野球部で活躍。松葉づえで体を支えてバットを振り、障害者野球の世界大会では日本代表メンバーに最年少で選ばれた。
 自転車を始めたのは昨年10月。わずか半年で日本新記録を次々と塗り替え、脚光を浴びる20歳。「メダルを取った選手のようになりたい」。4年後に向け、さらなる成長を誓った。(時事)

最終更新:9月17日(土)1時15分

時事通信