ここから本文です

最優秀防御率獲得なら日本選手初 過去最高は2位の野茂

スポニチアネックス 9月17日(土)7時0分配信

 ◇ア・リーグ ヤンキース5―7レッドソックス(2016年9月15日 ボストン)

 過去に大リーグで最優秀防御率のタイトルを獲得した日本選手はいない。最高順位は95年のドジャース・野茂英雄の2・54で2位。13年にはヤンキースの黒田博樹が8月22日時点まで2・41でリーグトップだったことがある(最終8位)。

 ヤ軍投手が獲得すれば、80年のルディ・メイ以来36年ぶり。規定投球回に2回1/3足りていないタイガース新人フルマーが防御率2・76で「隠れトップ」におり先発予定の16日(日本時間17日)の結果が注目される。

最終更新:9月17日(土)7時0分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報