ここから本文です

中日・堂上冷遇の裏に落合GMの影

東スポWeb 9/17(土) 13:31配信

 中日は16日の広島戦(マツダ)に0―8と大敗を喫し、CS進出の可能性が完全消滅。2リーグ制後では球団史上初の4年連続Bクラスの屈辱となった。

 痛かったのは「6番・遊撃」でスタメン出場したドラフト5位ルーキー・阿部寿樹内野手(26)のタイムリーエラーだ。3回、一死満塁で菊池の平凡な遊ゴロをはじいて先制点を献上。そこから先発のバルデスが6失点したことで阿部は「僕のミスがなければ、あんなに打たれなかったと思うし、(広島に)あそこまで流れも行かなかったと思う」と肩を落とした。

 一方で、その阿部のスタメン起用でワリを食っているのが、堂上直倫内野手(27)だ。今季は開幕直後から遊撃に固定され、プロ10年目にして初めて規定打席に到達するなど、ついにレギュラーをつかんだかに見えた。ところが、9月11日以降、4試合連続でスタメン落ち。阿部に定位置を取って代わられた。チーム関係者は「なんで直倫をスタメンで使わないのか。途中出場もなく、ベンチを温めるだけの日もあったし、理解できない。本人は相当悔しい思いをしていると思う」と首をかしげるばかりだ。

 その裏には落合GMの影が見え隠れするという。8月9日に谷繁監督の電撃休養が発表されると、11日に阿部がプロ初の一軍昇格。そのため「阿部の獲得はGMの肝いりだったし、仲の悪かった谷繁監督がいなくなると阿部が一軍へ上がってきた。スタメンで使い続ければ、それなりの結果が出るケースも多いだろうし、やっぱりGMの選手を見る目はすごい、という作戦なのでは…」(チーム関係者)

 堂上本人は「僕も理由は分かりません」と戸惑うばかりだが、果たして…。

最終更新:9/17(土) 13:46

東スポWeb