ここから本文です

リオンディーズ浅屈腱炎発症 秋競馬アウト…9カ月以上の休養か

デイリースポーツ 9/17(土) 6:03配信

 神戸新聞杯(25日・阪神)を秋の始動戦に予定していたリオンディーズ(牡3歳、栗東・角居)が16日、左前繋部浅屈腱炎を発症したことが明らかになった。9カ月以上の休養を要する見込み。

 14日に栗東CWで6F79秒9の猛時計をマークした後に熱感が認められ、翌日にエコー検査をしたところ判明した。角居師は「当初はぶつけた程度と思っていたのですが…。症状的に良くないと聞いていますし、長期の休養になると思います」と説明。「この秋は期待していただけに残念です」と無念の表情を浮かべた。近日中に北海道のノーザンファーム早来に放牧へ出される。

 同馬は05年の日米オークスを制したシーザリオを母に持ち、G1・2勝馬エピファネイアの半弟にあたる良血馬で、昨年末の朝日杯FSを無傷2連勝で制し、最優秀2歳牡馬のタイトルを獲得。皐月賞、ダービーともに5着(前者は4位入線)に敗れた内容から、この秋は距離適性を重視して菊花賞ではなく、天皇賞・秋を目標にしていた。

最終更新:9/17(土) 7:41

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。