ここから本文です

宮崎あおい、お父ちゃん・渡辺謙との別れに声詰まらせ感謝

シネマトゥデイ 9月17日(土)14時51分配信

 俳優の渡辺謙と女優の宮崎あおいが17日、都内で行われた映画『怒り』の初日舞台あいさつに出席、劇中で渡辺と父娘を演じた宮崎は、「明日からお父ちゃんと会えなくなっちゃうんだと思うと、さみしい」と感慨深げ。声を詰まらせながら「謙さんの娘を、1回でも演じられたことを幸せに思っています」としみじみ語った。この日は森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、妻夫木聡、広瀬すず、メガホンを取った李相日監督も登壇した。

【写真ギャラリー】『怒り』豪華キャスト集合!

 『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を映画化した本作。現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉・東京・沖縄を舞台に、そこに現れた謎の男の存在から生まれる3つのストーリーをつむぐ群像劇だ。

 宮崎は渡辺ふんする槙洋平の娘・愛子を演じ、「現場では、いつも一人でいることが多いのですが、お父ちゃん(渡辺)が『横に座ってください』って居場所を作ってくださって。そういう時間があったからこそ、愛子と父ちゃんという関係を作り上げることができた」と述懐。

 さらに「父ちゃんについていけば大丈夫だという安心感があった。現場で支えてもらった」と感謝の気持ちを述べると、渡辺も「彼女がこの役をやる時の思いや覚悟を言わずもがなと感じていたので、俳優の先輩としてそれを見届けたいと思っていた。できるかぎりのことはしてあげたいと思っていた」と笑みを浮かべると、「まあ、(これからも)連絡ください」と嬉しそうな表情を見せた。

 また宮崎は、恋人役を務めた松山についても言及し、「以前、ご一緒したことがあったんですけど、その時は線の細い少年の役で、おとなしい年下の子という印象。でも、今回お会いしたら実は年上だということがわかった」とにっこり。「ひょうひょうとしていて、思ったことは全て口に出してくれるとても気持ちのいい方でした」と言葉を掛けられた松山は「昔、ある女優さんと仕事をしていたとき、『一番変人な役者は誰』という話になって。その女優さんは、あおいちゃんと言っていました」と告白。「そのときは意味がわからなかったんですけど、今回共演して、よくわかりました。素晴らしい女優さんだと思います」と宮崎をたたえていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『怒り』は全国東宝系にて公開中

最終更新:9月17日(土)14時51分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。