ここから本文です

<濱田龍臣>女装姿で舞台あいさつ 監督の“ケツアゴ”指摘にショック

まんたんウェブ 9月17日(土)18時31分配信

 俳優の濱田龍臣さんが17日、東京都内で行われたオネエタレントの真境名(まじきな)ナツキさん主演の映画「ハイヒール革命!」(古波津陽監督)の初日舞台あいさつに、真境名さんや共演の藤田朋子さんらと登場した。濱田さんは、真境名さんの半生を描いた同作のドラマパートで女子高生の制服姿を披露。藤田さんは「こんなにすんなりと女の子ができちゃって、逆に心配しました」と女装姿に驚いた様子で、濱田さんも「ありがとうございます」と喜んでいたが、古波津監督から「(撮影した)去年から成長して、アゴもしっかりして、若干“ケツアゴ”になってきてますけれど……」と言われると、ショックを受けた様子を見せ、古波津監督を慌てさせた。

【写真特集】女の子より可愛い? 濱田龍臣が女装姿

 「ハイヒール革命!」は、真境名さんが、男性として生まれたが思春期に女性へと生まれ変わり、いかにして本当の自分を手に入れたのかをドキュメンタリー部分と再現ドラマで紹介する……という内容。真境名さんが映画に主演するのは今作が初めて。濱田さんは、真境名さんの“思春期”を描く再現ドラマパート部分で、真境名さんの少年時代を演じている。

 古波津監督は「濱田くんが可愛く見えないと成立しない映画だったので、濱田くんにかかっていたんですが、人選的にうまくいった」とそのビジュアルに太鼓判を押し、「わざわざ女の子のしぐさをやろうとするんじゃなくて、ナツキさんの気持ちをすんなり受け止めてくれて、無理しないでそこにいてくれた」と演技も絶賛。濱田さんは「でも、最初の『ケツアゴ』の部分が、ちょっと引っかかっちゃったかな……」とガックリ。真境名さんは「え~! そんなに乙女になっちゃったの?」と驚き、古波津監督は「気にしてた? ごめんね!」としきりに謝っていた。

最終更新:9月18日(日)16時21分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。