ここから本文です

MACO、遠距離恋愛カップルを描く胸キュンの「手紙」MV公開

M-ON!Press(エムオンプレス) 9月17日(土)15時19分配信

MACOの2ndアルバム『love letter』(9月21日リリース)に収録されるリードシングル「手紙」のミュージックビデオが公開された。

【詳細】MVはこちら

「手紙」は、メールやSNSでコミュニケーションをとることが当たり前となった昨今、大切な人への大切な想いを「手紙」で伝えたい、という気持ちを歌ったラブソング。歌詞にある「一緒に海を見た日」「夕日のオレンジ」「白い砂浜」といった情景を映像で表現するべく、海辺を舞台としたドラマ仕立てのミュージックビデオとなった。

撮影は9月9日、千葉県・富津市の大貫中央海水浴場にて行われた。監督はMACOの「LOVE」「ふたりずっと」などのミュージックビデオを手がけてきた末吉ノブ。

出演は、NHK朝の連続テレビ小説「まれ」や、現在公開中の映画「青空エール」で注目を集める葉山奨之(はやましょうの・20歳)と、女性誌「Ray」の専属モデルを務める松元絵里花(まつもとえりか・20歳)。松元絵里花はミュージックビデオ初出演となる。

高校卒業後、地元の郵便局の配達員として働く彼(葉山)と、就職で東京に行く彼女(松元)の物語。手紙を書いたことがない彼が、遠距離の彼女に初めて手紙を……。ふたりの甘酸っぱい演技が詰まった、観るだけでキュンキュンになれるミュージックビデオが完成した。

葉山奨之 コメント
ここ数日天気が優れない中、1日だけ撮影日が快晴でした。それはMACOさんが持っている歌声の力だと思いました。撮影中はずっと「手紙」が僕の頭の中に流れていて、思わず口ずさんでしまうくらい「手紙」の世界に入ってしまいました。歌詞がストレートなので心に響きます。僕自身も手紙を書いたことがないので、この撮影を機に大切な人に手紙を書いてみたくなりました。

松元絵里花 コメント
出演が決まったときは一瞬体が固まるくらい驚いたし、飛び跳ねたほどうれしかったです! 学生の頃から聴いていたMACOさんのミュージックビデオに出させていただけるなんて夢のようで、とにかく幸せでした。私は手紙を書くのが好きで、母や祖母によく書きます。手紙を書くとき、素直な気持ちになれるので、好きな人に書いてもらえるとうれしいんだろうな、と演技をしていて思いました。「手紙」を聴くとキュンキュンしてちょっと切なくもなり、毎日リピートで曲を聴いてます(笑)。

MACO コメント
私の中にあった「手紙」の世界観を、100パーセント描きだせたミュージックビデオになりました。私ひとりでは、映像で表現しきれなかったことを、葉山くんと松元さんが演じてくれました。2人の愛くるしい距離感や、葉山くんの悩みながら手紙を書く姿、松元さんの屈託のない笑顔、キラキラの海、黄昏の夕日が揃って、「手紙」がよりいっそう素晴らしいものになりました。とても思い入れがある曲なので、私のリップシーンにもぜひ注目してください。

リリース情報
2016.09.02 ON SALE
DIGITAL SINGLE「手紙」

2016.09.21 ON SALE
ALBUM『love letter』

ライブ情報
あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016
10/10(月・祝)東京・Zepp DiverCity
10/15(土)新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
10/22(土)広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
10/30(日)北海道・札幌 Zepp Sapporo
11/03(木・祝)宮城・仙台 PIT
11/13(日)大阪・Zepp Namba
11/23(水・祝)愛知・愛知芸術文化センター 大ホール
12/03(土)福岡・北九州芸術劇場 大ホール

MACO OFFICIAL WEBSITE
http://www.macoopc.com/

最終更新:9月17日(土)15時19分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。