ここから本文です

【BOX】山中「神の左」4発でV11!前回感じた「3センチの間合いの差」克服

スポーツ報知 9月17日(土)6時5分配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ○山中慎介(7回KO)アンセルモ・モレノ●(16日、エディオンアリーナ大阪)

 WBC世界バンタム級王者・山中慎介(33)=帝拳=が、11度目の防衛に成功した。挑戦者の同級1位で元WBA世界同級スーパー王者のアンセルモ・モレノ(31)=パナマ=に7回1分9秒TKO勝ち。昨年9月のV9戦では2―1の僅差判定勝利だったが、3戦ぶりのKO勝利で完全決着をつけた。これで防衛回数は国内歴代2位タイに。山中の戦績は26勝(18KO)2分け、モレノは36勝(12KO)5敗1分けとなった。(観衆6500)

 ダウンの応酬となったスリリングな試合を制すと、山中は赤コーナーポストに上がって両手を突き上げた。「危ないと思っていた人もいたと思うが、バチッと決めてやった。残酷だけど、モレノが倒れる姿を見て気持ちよかった」とスッキリした笑顔を見せた。

 1年前は2―1の判定という辛勝だったモレノとの再戦。初回は守勢にまわる場面もあったが、左を合わせて先制ダウンを奪取。だが4回、1年前よりも好戦的な相手に右フックで転ばされるなど、大和心トレーナー(41)も「ヒヤヒヤした」という緊迫した展開に。しかし、6回に強烈な“神の左”左ストレートがさく裂。モレノを後方に吹っ飛ばして尻餅をつかせると7回にも左で倒し、追撃して青コーナーに追いつめると、諦めるように座り込んだ。

 KOの山を築いてきた山中も、ここ2戦は判定勝ちと苦しみ「こんなもんじゃない。悔しい」と漏らした。それだけにプロ入り後初の再戦は完全決着を期し、モレノ戦の映像を「今までで、一番多く見た」(大和トレーナー)と場面を細かく区切って見るなど徹底的に分析。肩甲骨回りの柔軟性をアップさせ、得意の左ストレートの軌道を修正し、前回感じた「3センチの間合いの差」を克服した。

 1度もKO負けがなかった「亡霊」モレノを4度も倒して返り討ちにし、米専門誌「リングマガジン」のベルトも手にした。バンタム級最強を証明し「信じてきたパンチだけで、ああいう相手を倒せたのは自信になる」と再び自信をつかんだ。帝拳ジムの本田明彦会長(69)は「いい試合だった」と評価。今後について「ボクシング人生が終わりに近いのは間違いないし、いい相手とやらせたい」と話した。

 憧れの存在で、世界王座に返り咲いた長谷川穂積とはリング上で笑顔の抱擁を交わした。防衛回数は国内歴代2位タイに。その長谷川からは「具志堅(用高)さんの記録(13度防衛)を超えてほしい」と直接エールを送られている。普段は記録に興味を示さない山中だが「尊敬している人にそう言ってもらえて、すごくモチベーションになる」。“具志堅超え”まであと3つ。約束の時は着実に近づいている。2人の子供をリング上で抱き上げた山中は「抱っこができなくなるまで頑張りたい」と宣言した。(三須 慶太)

 ◆山中 慎介(やまなか・しんすけ)1982年10月11日、滋賀・湖南市生まれ。33歳。南京都高(現・京都広学館高)1年でボクシングを始め、3年時に国体優勝。専大を経て、2006年1月にプロデビュー。10年6月に日本バンタム級王座を奪取。11年11月にWBC世界バンタム級王座を獲得。身長170・5センチの左ボクサーパンチャー。家族は沙也乃夫人と1男1女。

 

最終更新:9月17日(土)12時20分

スポーツ報知