ここから本文です

「こち亀終了」40年前の日本経済を振り返ってみた

ZUU online 9月17日(土)12時10分配信

日本の長寿マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が9月17日に最終話を迎えた。『週間少年ジャンプ』に連載を開始したのが1976年。40年の連載は、少年誌の長期連載のギネス世界記録に認定されている。単行本は、同日発売される200巻ちょうどで終了となる。その内容は日本の歴史そのものだ。こち亀終了を記念して日本経済を振り返ってみたい。

■日本の現代史「こち亀」は亀有が誇るコンテンツ

説明するまでもないだろうが、こち亀は、典型的な昭和のお巡りさんである主人公・両津勘吉や周辺の愛すべき主人公達がドタバタ劇を引き起こすギャグ漫画だ。緻密な取材と、細かい背景などが特徴なため、作中には日本の文化が満ちあふれている。

その当時のヒット商品、人気のテレビ番組や芸能人などのテーマが取り上げられており、新型自動車、インターネット、携帯電話などの世界を変えたものはだいたい扱われており、まさに日本の現代史そのものといえるだろう。

協力コンテンツとして一般社会にも影響を与えた。東京都葛飾区のJR亀有駅前周辺には両さんの銅像全部で15体ほど建てられている。亀有銀座商店街では「両さんどら焼」が売られている。「亀有公園前派出所」は存在しないが、亀有署亀有駅北口交番はファンが立ち寄る名所だ。交番でファンが「両さんはいますか」と声をかけると、お巡りさんは「パトロール中です」。そんな風に気さくに答えてくれることでも知られている。

浅草神社には「生まれも育ちも浅草の両さん」にちなんで、単行本総発行部数1億3000万冊突破記念の石碑が建立されている。アリオ亀有内には「こち亀ゲームぱ?く」がある。まさに、浅草、亀有が誇る日本のコンテンツだ。連載が終わったあとも世界から愛されるキャラクターとして存在し続けるに違いない。

■将来は昭和の文化研究の教科書に?

1976年の第1巻を見返してみると、電話は黒電話でダイヤル式、当然携帯電話はない。亀有公園前派出所の掲示板には「アグネス・ラムいよいよ来日 交番にてサイン会」と書いてある。「花の警察官大募集中!!時給450~500円」ともある。両さんは交番で競馬をやっているのだが「ハイ・シチズン」という、当時大活躍した「ハイセイコー」をもじった馬の特券を買っている。アグネス・ラムもハイセイコーも70年代に大ヒットした。

新人の中川警官の憧れはダーティハリーのイーストウッドだ。ダーティハリーは71年に公開している。また交番の掲示板には「3億円事件の犯人のお尋ね書」も貼られている。3億円事件は75年だ。では、連載開始当時1976年の社会・経済はどうだったのだろうか。

■開催当時は世界的なデタントの時期

世界では、1973年にベトナム戦争が終結し、ソ連と米国の東西冷戦はデタント(緩和)の時代に入っていた。宇宙開発ではNASAにより初の火星の岩石回収が行われた。新テクノロジーでは、英仏が共同開発した伝説の超音速飛行機コンコルドの初フライトが就航した。中国はまだ第一次天安門事件の頃でエマージング市場という言葉はなく、発展途上国と言われていた。

日本では、1976年2月にロッキード事件が発覚、米ロッキード社が航空機売り込みに関して政財界に過去最大の収賄を送っていたことが判明した。ロッキード事件をめぐって田中角栄前首相など数人の政治家が逮捕されるショッキングな事件となった。政治家の逮捕などで政財界は揺れ動き三木内閣は76年12月に退陣となり福田内閣に引き継がれた。

■日本経済はオイルショック後の立ち直り局面

日本経済は、田中角栄前首相の旗振りのもと列島改造ブームに沸いた大好景気を1973年に終え、第一次オイルショックによる景気下降を75年まで経験していた。76年はその後77年まで続く安定成長景気のまっただ中だった。実質GDPの成長率は74年にオイルショックで▲1.2%のマイナス成長のあと、75年は3.1%増、76年は4.0%増、77年は4.4%増と安定成長が続いた。

日経平均株価は、列島改造論に沸く73年に史上最高値の5359円のピークをつけた。その後、オイルショックで74年には3355円まで37%下げている。75年には反発に転じ年末には4358円まで回復、76年は年間15%の上昇となり4990円で引けている。株価は順調に回復し77年には72年に付けた史上最高値を更新する。

こち亀は76年以降、安定成長景気(75-77)→ミニ不況(77)→公共投資景気(77-80)→第二次オイルショック(80-83)、ハイテク景気(83-85)→円高不況(85-86)→バブル景気(87-91)→第一次平成不況(91-93)→カンフル景気(93-97)→第2次平成不況(97-98)→IT景気(99-2000)→第3次平成不況(01ー02)→いざなみ景気(02ー08)→世界同時不況(08-09)→デジャブ景気(09-12)→欧州危機(12-13)→アベノミクス景気?(14ー)と景気上昇9期間、下降8期間のサイクルを経験してきたことになる。

読み返すことは簡単ではないが、現代史を読むよりも、文化史、経済史を見る上で貴重な資料なのは間違いだろう。作者の秋本治さん、「長い間お疲れ様でした。たくさん笑いをありがとうございました」

平田和生(ひらた かずお)
慶應義塾大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。国内外機関投資家、ヘッジファンドなどへ、日本株トップセールストレーダーとして、市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスをおこなう。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

最終更新:9月17日(土)12時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]