ここから本文です

ウィズエアー、ルブリン=リバプール線を新規開設 2017年5月21日から

レスポンス 9月17日(土)17時30分配信

中東欧最大の格安航空会社(LCC)、ウィズエアーは2017年5月21日からルブリン=リバプール線を新規開設し、週2往復(水・日)で運航する。

[ウィズエアーの機体]

ルブリンはポーランド東部の都市。ルブリンから南東へ約80kmには世界文化遺産の「ザモシチ旧市街」がある。リバプール線の開設により、ウィズエアーはルブリンから4カ国7都市へ直行便を運航することになる。

ルブリン=リバプール線のフライトスケジュールは次の通り。2073便はルブリンを18時に出発し、リバプールに19時45分に到着。2074便はリバプールを20時15分に出発し、ルブリンに23時55分に到着する。

《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:9月17日(土)17時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]