ここから本文です

矢口真里さんがオフィシャルサポーターに就任! “日本eスポーツリーグ”発表会を開催【TGS 2016】

ファミ通.com 9月17日(土)8時2分配信

文・取材・撮影:ライター イズミロボ・ササ

●3ジャンルのゲームでチーム対抗戦!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2016。9月16日のtwitchブースでは、“日本eスポーツリーグ”の発表会が開催された。このリーグは、eスポーツプレイヤーが各地でチームを組み、規定されたゲームで日本一を目指して戦うというというもの。各チームの代表が勢ぞろいしてリーグ開催を高らかに宣言した、そのステージイベントの模様をリポートしよう。

 発表会が始まりステージに登場したのは、ゲームキャスターのStanSmithさんと、タレントの矢口真里さん。ステージではStanSmithさんがMCとして、また矢口真里さんが“日本eスポーツリーグ”のオフィシャルサポーターとして、イベントを進行した。

 ここではまずスクリーンで、“日本eスポーツリーグ”とはなんぞやという概要が紹介されたのちに、運営を担当する筧誠一郎氏が登壇。同氏により補足や、詳しい説明が語られた。発表された“日本eスポーツリーグ”の内容を、以下にまとめてみる。

・名称/日本eスポーツリーグ(Japan e-Sports League)2016 Winter
・期間/2016年11月~2017年1月
・主催/eスポーツコミュニケーションズ合同会社
・共催/一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)
・競技種目/FPS(PC)、『FIFA17』(PS4)、格闘ゲーム
・参加予定チーム/東京ヴェルディ、インフィニティ大阪など

 まず注目されるのがその使用ゲームだが、現在の時点では、『FIFA17』のみ決まっており、ほかはFPS、格闘ゲームとなっている。タイトルは確定していないが、いずれにせよ、この3ジャンルのゲームでの総合点で勝敗を競うことになりそうだ。試合は3カ月間に渡りオンラインで行われ、決勝戦はオフでの対面対決となる。

●6チームのゲーム猛者がトップを目指す!
 リーグ戦の概要説明に続いては、実際に参戦する、各地チームの代表が登場。リーグ開幕に向けての抱負などを語った。ステージに現れたのは、「Naturals HOKKAIDO」(北海道)、「東京ヴェルディ」(東京)、「名古屋OJA」(愛知)、「インフィニティ大阪」(大阪)、「CYCLOPS OSAKA athelete gaming」(大阪)、「iGS」(エリア選定中)という6チーム。
 ここでは各チームとも代表者や監督などが出てきたが、「名古屋OJA」は、鎧をまとった姿の武士が登場。掛け軸をめくるパフォーマンスなどもあり、会場を大いに沸かせていた。

 そうして出場チームが勢ぞろいしたところで、筧氏がふたたび登壇し、リーグ開幕にむけて「6チームの力を借りてリーグを開催できることを、本当にうれしく感じています。これからどんどんリーグを大きくしていきたいと思いますし、eスポーツが根付き、広がることを願ってがんばっていきます」とコメント。
 また、共催となる日本eスポーツ協会の専務理事・平方彰氏も「このリーグが活性化することで、eスポーツの業界自体も向上するはずです」と、リーグ発足にエールを送った。

 ラストにはフォトセッションも行われ、発表会はこれにて終了。タイトルごと、メーカーごとなどでは、ここまでも実施されてきたeスポーツの大会だが、もろもろの垣根を超えての試みは初めてのこと。この“日本eスポーツリーグ”が、eスポーツを発展させる起爆剤となるのか、期待を込めてその展開を見守りたい。

最終更新:9月17日(土)8時2分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。