ここから本文です

加東産の山田錦で日本酒飲み比べて 25日にイベント 兵庫

産経新聞 9月17日(土)7時55分配信

 加東市産の酒米・山田錦を使った日本酒を味わうイベント「山田錦乾杯まつり2016」が25日午前10時~午後3時、同市役所前広場(同市社)で開かれる。京都の老舗料亭「菊乃井」の三代目主人、村田吉弘さんが「日本酒と和食文化の魅力を発信」と題して講演するほか、酒の試飲(有料)も楽しめる。

 日本酒の消費拡大などを目指し、市や加東酒米振興会などでつくる実行委員会が主催。同市産の山田錦を使用して酒を製造している全国の17酒造会社が酒を販売する。酒の試飲をした先着1500人に市制10周年を記念したミニグラスのプレゼントもある。

 また、三草茶(みくさちゃ)うどんや鮎の塩焼きなども販売される。

 講演会は事前申し込み分は定員に達したが、当日午前10時から、若干名の入場整理券を配布する。また、市役所1階ロビーで講演会の中継映像も放映される。問い合わせは同実行委員会(電)0795・43・0519。

最終更新:9月17日(土)7時55分

産経新聞