ここから本文です

広島カープ優勝の経済効果は331億円 他球団も調べてみた

ZUU online 9/17(土) 15:20配信

プロ野球の広島東洋カープが25年ぶりのリーグ優勝を果たし、地元広島を中心に祝杯モードに包まれた。ビジネスの世界でも、この機会を逃すまいと各社があの手この手で攻勢をかける。地元のデパートでは選手たちが祝勝会で着用していた特製Tシャツが人気を集めたほか、7回目のリーグ優勝にかけて子供服が2点700円で販売された。

また、飲食業界でもラーメンチェーン「一風堂」が、広島の一部店舗で優勝決定の翌日に替え玉が無制限で無料となるセールを実施。こうして、様々な企業などがカープの優勝にあやかり、四半世紀ぶりの訪れた商機に、球場外でも熱い闘いが繰り広げられている。

■二次波及効果で経済効果もアップ

関西大学の宮本勝浩名誉教授の試算によると、2016年広島東洋カープのリーグ優勝による経済効果は、地元広島県で約331億5000万円にのぼる。この試算は、球場に来場したファンの消費額、百貨店や飲食店、地元の商店街など優勝セールの消費額、放送権や監督・選手によるテレビ・ラジオ・新聞、雑誌などへの出演による収入の増加額などを合算し、優勝した年としなかった年を比較してその効果がどれだけ押し上げられたかを測った。

算出には、直接効果とされる一次波及効果の原材料売り上げ増加分と、一次波及効果で売り上げがアップした企業や店舗の従業員の所得も比例して上がる二次波及効果が含まれる。

■他球団の優勝時はどのくらい?

過去の他球団のとの比較でみると、阪神タイガースが優勝を決めた2003年は1481億円、2005年は643億円、2014年の429億円(試算元・宮本関大名誉教授)、2007年の読売ジャイアンツ418億円(同日興コーディアル)、2005年千葉ロッテマリーンズ397億円(同ちばぎん総合研究所)、2006年中日ドラゴンズ220億円(同三菱UFJリサーチ&コンサルティング)などとなっている。

特に経済効果が桁違いに大きかった2003年の阪神タイガースの優勝は、長年Bクラスに低迷していた球団が18年ぶりに優勝に輝いたということもあり、ビジネスでも最高潮の盛り上がりを見せた。長年優勝から遠ざかったチームが活躍するのに加え、各球団が本拠地を置く地元の経済圏の規模も、その経済効果に影響を及ぼす。

経済効果の算出方法がそれぞれ異なるため、単純比較はできないが、首都圏を拠点とする千葉ロッテマリーンズの優勝経済効果は今回のカープ、中京圏を基盤とする中日ドラゴンズを上回る。一方、首都を中心として活動する読売ジャイアンツのケースでは、「常勝軍団」として優勝が珍しくなくため、その経済効果は阪神タイガースの優勝時を下回る。

■瞬間最高視聴率は70%超え

広島東洋カープは地元を中心として、熱狂的なファンに支えられている球団の1つだ。その証拠に、今回優勝を決めた巨人戦はNHK総合で中継されたが、ビデオリサーチによると、広島地区では平均視聴率が60.3%、瞬間最高視聴率は71.0%と驚異的な数字をたたき出した。

地元のファンがいかに長年にわたり、歓喜の瞬間を待ちわびていたかを推し量ることができる。さらに、球団の取り組みも功を奏した。かつては、選手の年俸が相対的に低く、せっかく育て上げた一流選手をFA(フリーエージェント)で、高額年俸を提示した他球団に奪われたり、施設の面でも、広島市民球場の芝生がボロボロと揶揄されていたりと、地味で貧乏球団のイメージがまとわりついていた。

しかし、2009年にマツダスタジアムが新設されると、徐々にそのイメージ転換に成功。新球場は、球団職員がアメリカのメジャーリーグの球場を視察した経験を反映し、通常の座席のみならず、バーベキューテラスや掘りごたつ席などを配置して、楽しみながら野球観戦をできる空間に仕上げた。

また、2013年にクライマックスシリーズへの進出を契機に、若い女性ファン「カープ女子」が増加し、地元の広島のみならず、首都圏にもその現象が拡大していった。その裏には、関東在住のカープ女子を対象にした、新幹線を貸し切り観戦ツアーなど赤字覚悟の戦略が実を結び、ファン層の拡大に成功した。優勝の熱狂は広島のみならず、首都圏にも及び、銀座の広島アンテナショップ「TAU」には、優勝翌日に福袋を求めて約400人が列をなし、福袋を含む限定品が即日完売。通常は2500人ほどが来店する週末のアンテナショップに、約1.5倍となる3700人が足を運んだ。

今回紹介した経済効果の金額は、地元広島県を対象にしたもので、首都圏でのにぎわいを含めると、その効果はさらに押し上げられるだろう。また、今後のクライマックスシリーズでの活躍次第では、経済効果もより一層の飛躍が期待できそうだ。(ZUU online 編集部)

最終更新:9/17(土) 15:20

ZUU online

なぜ今? 首相主導の働き方改革