ここから本文です

復興相が東電株、防衛相の夫が防衛関連株所有 資産公開

朝日新聞デジタル 9月17日(土)3時0分配信

 16日の第3次安倍再改造内閣の閣僚資産公開で、今村雅弘復興相が、東京電力ホールディングス(旧東京電力)の株式を8千株所有していることを明らかにした。また、稲田朋美防衛相が、夫が複数の防衛関連企業株を所有していることを報告した。

 過去の資産報告書によると、今村氏は2009年8月時点で4千株の東京電力株を所有。今村氏の事務所によると、11年1月までにさらに4千株を買い増したが、同年3月の東日本大震災以降は売買をしていないという。

 復興相は、東京電力福島第一原発事故からの復興を進める責任者。今村氏は16日の閣議後会見で、「金利が下がってきたので、資産株として買い増しをした」と説明。「今後は売買するつもりはない」とした。

 稲田氏は、夫が複数の防衛関連企業の株式を所有。行政改革相を退任した14年9月以降の約2年間で、新たに取得した9銘柄のうち5銘柄が、防衛省との契約金額上位20社(15年度)に含まれていた。

 新たに取得していた5銘柄は、川崎重工6千株、三菱重工3千株、IHI8千株、三菱電機2千株、日立製作所3千株。稲田氏の事務所は「日米防衛相会談で本人が訪米中のため、コメントできない」としている。

 政治資金に詳しい岩井奉信・日本大教授は「現時点での所有はやむを得ないが、今後は閣僚やその家族として、怪しまれるような取引をしないことが求められる」としている。

朝日新聞社

最終更新:9月17日(土)17時5分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。