ここから本文です

“エンクミ”遠藤久美子、指輪キラリ!結婚&妊娠発表後初めて公の場

シネマトゥデイ 9/17(土) 17:32配信

 “エンクミ”こと女優の遠藤久美子が17日、都内で行われた出演映画『校庭に東風吹いて』の初日舞台あいさつに出席し、先月末に結婚&妊娠を発表して以後、初めての公の場へ姿を見せた。

【写真】結婚&妊娠発表の“エンクミ”遠藤久美子も登壇!フォトギャラリー

 8月31日に映画監督の横尾初喜との結婚&妊娠を発表した遠藤。7月に入籍し、出産は来年の春を予定している。この日、金田敬監督、共演の岩崎未来、本間淳志と共に登壇した遠藤は、「今日の衣装用に靴(ハイヒール)を用意していただいたんですが、階段があるので、私物のスニーカーで失礼します」とあいさつ。その後の写真撮影では、「結婚指輪を見せてください」との報道陣の呼びかけに「特に(結婚)会見はしませんでしたから。でもいいのかな」と戸惑いつつ、笑顔で応じた。

 本作で遠藤が挑んだのは、「場面緘黙(かんもく)症」という、学校など不安をともなう特定の場面になると話せなくなってしまう悩みを持つ少女ミチル(岩崎)の母親という難役。「この作品の撮影(今年3月)に入った時は、結婚や子供を授かることなど、全く頭になかった」という遠藤だが「撮影を通じて、親として、子供にどう接したらいいか、考えることができました。監督やミチルちゃんに助けられながら、母親としてのあり方が、自分の中に深く刻まれた作品になった」と述懐。「子供への接し方に悩み、子供と一緒に変わっていくお母さんの成長物語でもあります」と見どころをアピールしていた。

 本作は小学校を舞台に、子供が抱える様々な困難に向き合い、彼らの生きる力を信じて愛情を貫く女性教師を主人公とする感動ドラマ。9年ぶりの映画出演となる沢口靖子が、女性教師・三木知世を演じ、赴任先のクラスで場面緘黙症のミチルや、貧困からさまざまな問題を引き起こす少年に真摯(しんし)に寄り添おうとする姿を描く。(取材/岸田智)

映画『校庭に東風吹いて』はポレポレ東中野ほかにて順次全国公開

最終更新:9/17(土) 17:32

シネマトゥデイ