ここから本文です

ソフトバンク和田M再点灯へオリックス吉田正抑える

日刊スポーツ 9月17日(土)7時58分配信

 デス弾封じてマジック再点灯だ! ソフトバンク和田が今日17日のオリックス戦に先発する。敵のルーキー吉田正は9月に入り、ソフトバンク、日本ハム戦で計4本塁打を放ち、両チームをともに首位陥落させた“デスアーチ”を放った恐怖の男。前回8日の対戦で同点弾を浴びた和田も警戒を強めた。

【写真】オリックス吉田正、首位落とすデス弾 混パ陰の主役

 「吉田くんがすごくキーマンとして、柱としていい打撃をしている。前回1発でやられているし、逆方向にも打てる。しっかりと抑えたい」

 日本ハムとの直接対決をにらみ、当初は中5日で14日楽天戦に先発予定だったが、13日楽天戦が雨で中止となり、中8日に変更。休養も十分で「決められたところで結果を出すのが大事。オリックスの状態はいいが、そういう選手たちを抑えると自信にもつながる。明日は大事な一戦になる」と、気を引き締めた。

 前日15日にはロッテ石川が14勝目を挙げ、ハーラートップだった和田に並んだが、最多勝のタイトルよりも3連覇という目標に向かって突き進む。「個人タイトルよりも、チームの優勝の方が大事。1つも負けられない。死に物狂いで勝ちにいく」と、強い決意でマウンドに上がる。【福岡吉央】

最終更新:9月17日(土)16時12分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]