ここから本文です

F1新オーナー登場にアロンソとバトンは

TopNews 9月17日(土)17時57分配信

F1の新しいオーナーに対する期待をドライバーが語った。

筆頭株主CVCキャピタルパートナーズが保有していたF1株をアメリカのリバティ・メディアが買収することが発表された。F1最高責任者のバーニー・エクレストンについては、新オーナーと新たに3年契約を結んだと報じられている。

●【P2スピード】アロンソ1位と2位!/F1シンガポールGP

イギリスの『Times(タイムズ)』、『Guardian(ガーディアン)』、『Telegraph(テレグラフ)』の各紙は、エクレストンが担っていた職務を商業面とスポーツ面に分けて他者が引き継ぐ可能性もあると伝えている。

■バーニーのいないF1は想像できないとアロンソ

F1シンガポールGP(18日決勝)を前に、エクレストンがF1を去ったらどう思うかと聞かれたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は、次のように答えた。

「僕の知る限り、彼はどこにも行かない」

「F1に大きな貢献をしてきた人だし、バーニーのいない選手権を想像するのは難しい。これからも毎週会えることを願っているよ」

また、新オーナーがアメリカ企業であることにアロンソは期待している。

「スポーツに関してはアメリカ発のものは何でも魅力的だ」

「だから僕たちのスポーツでも彼らの見方やアイデアは大歓迎だよ」

■ファンの年齢層引き下げに期待するバトン

一方、ジェンソン・バトン(マクラーレン)は、新オーナーがF1ファンの年齢層引き下げに取り組むことを期待している。

「僕が見た限りでは、彼らは若い視聴者の関心を高めることに興味を持っているようだ」

「いまやグリッドには18歳がいる。(F1ファンの)平均年齢は30代後半か、40代前半かもしれないから、その点は変えなきゃいけないね」

「子どもたちや若い世代をターゲットにする必要があるんだ」

最終更新:9月17日(土)17時57分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。